生きて行く舞踊家達の群れ

大人になってから始めるダンス生活
生活にダンスが取り入れられている人は全て舞踊家と呼んでいいよね☆彡

フラWS イン ハワイ 1・2日目まとめ

前回のハワイ初日で雨が降って気持ちが盛り下がった翌日。

WSが始まった。

私が今回受けるWSは、全3日間で1日2時間のクラスを3コマ選択して受けられるもので、インターナショナル・ワイキキ・フラ・カンファレンスといいます。

始まってみたら、やはり来てよかったとアゲアゲの気分になりました。

カヒコを中心に受けようという事もありましたが、フラの楽器にも挑戦したいと思っていていて、あらかじめ用意していた


右より

イプ(瓢箪。打楽器)

イリイリ(石 片手に二個もってならす)

ウクレレ



1日目はイプを持って行って叩き方を本番のハワイの先に教わる。

2日目はイリイリを使ったカヒコを教わる。

そしてあれあれ。。。



新顔のイプちゃん登場。

イプ制作のWSにも出ちゃったのでイプちゃん増えちゃった。



2個もいらない。。。

けどWSの同じ受講生の人はイプ制作を去年もとっているけど今年も来てて、このイプの他にも「イプヘケ」という更にデカイ瓢箪の打楽器の作成講座もとっていると言ってた。人によっては瓢箪は何個あってもいいらしい(^◇^;)


フラに関わる幅広い講座を提供してくれているこのWSで、フラの本場の先生の話が聞けるのは貴重だ。

だがしかし、この受講生に日本人が多いので、至れり尽くせりで通訳が付いてくれるのだが限界もあって、特に伝統舞踊ですとか音楽とかはスピリチュアル的な部分を大事にしてる先生が殆どだけど、その部分を訳すのは通訳の方も苦戦するらしく、自分もある程度、英語を分かるようにならんといかんかも〜とか思った。


思ってるだけじゃダメなのですがね(´・_・`)。。。


明日はウクレレを持っていきます。

明日はフラの楽曲の背景を学びながら一緒に歌おう(ギター、ウクレレが出来る人は弾いきながら)っていう講座と、カヒコで締めます。

明日、WS最終日だよ〜。

あ〜っという間だよ〜。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。