生きて行く舞踊家達の群れ

大人になってから始めるダンス生活
生活にダンスが取り入れられている人は全て舞踊家と呼んでいいよね☆彡

バレエ振付けレッスン11日目

詰めのレッスンの6回目。


実は先週末の土曜日のバレエのレッスン中、軽いギックリ腰を発症した。ストレッチで前屈中にクキッと痛みが走り、腰痛持ちになってしまった。動けなくなる程の痛みではなかったのとレッスン代が勿体無いのでポーカーフェイスでレッスンを受けきり、その後にフラのレッスンも控えていたので、それもシッカリこなした。結構行けるもんだと思ったものの、やはり痛いので日曜日のジャズダンスは休んだ。

病院には行っておらずネットで調べると、軽いギックリ腰なら軽くストレッチなりの運動をした方が治りが早いという記述が多数見つかった為、試してみる。風呂もいいと聞く。確かに痛み、和らいできたかも。事務所で座りっぱなしなので立つ時に痛い。座ってた方が腰に負担がかかっているという通説が実感出来る次第である。

昨日ヨガの太陽礼拝をしてみたところ、気持ちいいぞって事になった。

だがしかし、完治はしていないのであった。


そんな中での今日のレッスン。

今日のテーマは体力作りという事で演目を通しで2〜3回。

途中、止めて確認、修正などをしながら。

そして、なんと言っても今日はレッスン中にアキレス腱を切って休養していたメンバーが復帰してきていたのが最大のニュースでした。

アキレス腱なんてプロじゃないんだから切れるかって思っていたけれども、いざ自分がギックリ腰をやったりすると、日頃のストレスとか疲労が積み重なって、ある日ちょっとした事が引き金でって事、あるかもしれないな〜と思う訳です。


実は、私、迷信深いので、インターネットで「腰痛のスピリチュアル的意味」とかをググってみちゃってました。ある特定の持病のある人って、性格的に似た傾向があるように思えるので、こういうネタは結構好きなんですね。で、ググると「腰は土台だから、自分の生き方に葛藤があったり、自分の本道に反した道を歩いてるとなる」とあり、「その葛藤とはなんぞや」と言うと「スピリチュアル鑑定でお調べします」となる(^◇^;)。

そこまではハマってないんだな。


ともあれアキレス腱を切って休養していたメンバーが復帰したので、先生は急ピッチでそのメンバーの回復に合わせた振付を組み直す作業をこれからするらしい。

プランを考えてるセンセイ、格好イイ♪(´ε` )


今後は全体のメンバーの表現力アップを図るレッスンにするとの事。

メンバー全員の怪我・事故のない事を祈りつつ、レッスンは後半戦に入りました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。