生きて行く舞踊家達の群れ

大人になってから始めるダンス生活
生活にダンスが取り入れられている人は全て舞踊家と呼んでいいよね☆彡

発表会・無事終了!!

お陰様で無事発表会を終えることが出来ました。

自分なりに出来栄えは、どうだったかと言うと。。。

細かい失敗はチョボチョボ隠せる程度あり、そして、演目の最後の最後のでドンデン返しのように言い訳も出来ないような振りの間違えをしてしまい、56点ぐらいかなあ。。。。

その根拠は。

資格とかの試験でいえば惜しくも不合格って感じ。

残念賞(ノ_<)!!


けれども、そこは先生、お優しいので

「みんな、今までのうちで一番の出来栄えでした」

と言ってくれる。

振り付けの間違えに関しては

「そういうのは、あまり目立たない。全体の雰囲気が非常に良かったから。」

と言ってくれる。

大人から始めてるヘボい初心者に、なんて嬉しい事を言ってくれるんでしょう。ウルウル来ました。


結果はどうであれ、やはり舞台での経験は楽しいものでした。バレエはそれなりに凝ったフォーメーションを付けると舞台に立体感が出て素敵になります。そのフォーメーションを覚えるのに慣れてなくって最後まで汗をかいていた部分ありますが、それも舞台を作りあげてるんだと思うとワクワクしました。音響と照明もつくので相乗効果で気分はアゲアゲでしたよ。

思ったより広い舞台で、思った以上に気持ち良く踊らせて貰いましたし(#^.^#)。


この日は朝から楽屋入りして髪を結い〜の、化粧し〜の。

その合間にストレッチとウォーミングアップ。

それから、場当たりに写真撮影、ゲネプロが入り、そしてその合間でお喋り。

そして本番。

今まで出た、どの発表会よりもチームの結束力が高いな〜と感じました。バレエのチームだからかなぁ〜。みんなで作り上げてる感がある演目だからそうなったのかしら。みんな、凄い気さくでいいヒト達だったし。

また、先生方の方でも生徒同士が仲良くなれる雰囲気作りをされてるのもあるかな〜とも思った。


≪おまけ≫

発表会に出る事は最後の最後まで誰にも言わないで内緒にしていたのですが、自宅で、発表会で使用する衣装のサイズ調整で、ムシを作っている所を家族に発見されバレてしまいました。なので開き直ってチケット渡し、見に来て貰いました。

感想を聞くと、あまり振りのミスには気づいてない様子。

思ったよりバレエっぽく踊れてたよ、とのこと。

ラッキーε-(´∀`; )

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。