生きて行く舞踊家達の群れ

大人になってから始めるダンス生活
生活にダンスが取り入れられている人は全て舞踊家と呼んでいいよね☆彡

浮気をしちゃった5月《2週目》

いつもの、バレエの先生が、1人は2週連続、もう1人は1週お休みなので、冒険レッスンの2週目♪


《土曜日のレッスン》

・フラ(スポーツセンター)

ハワイアンホスピタリティを引き続きやっている。非常にユックリ進む。しかし、復習曲とか先生の所属ハラウのハラウ・ソングなんかも毎回やっているので実は盛りだくさんです。

ハラウ・ソングは英語の曲で「みんなで楽しくフラを踊ろう!!」みたいな内容で、明快にしてシンプル。「ウチのスタジオったら、まずコレなの!!」って、先生曰く。

シンプルで短い曲なので毎回やってます。

ある意味ここのハラウは健全だねって思う。

3月まで所属していたハラウのハラウ・ソングは長いし難しい、ハワイ語だから歌詞カード貰わないと意味分からんけど、くれないし説明もないし、たまにしかやんないし〜。

何が言いたいんやら分からん曲だった。

何がしたいんかも分からん。

あ、また前のハラウの悪口言ってしまったわ。


・バレエ(ちょいレベル高め)

スポーツセンターの先生がお休みなので難し目のレッスンをと冒険に出ました。

広いスタジオですが人がひしめき合ってレッスンしてます。返っていつものスタジオの方が動ける感じ。レッスンのスピードも早いのでどんどん未消化のままで進んでいっちゃう。

でも目下目指すスピードはここだなと決意して帰った。


《日曜日のレッスン》

・ベリーダンス

ベリーに出るたびに思うのだけども、私ってオコジョのように胴が長い。

日本人だしね〜。

スタイルは決して良くない。

けれども色っぽいオコジョになれたら楽しいじゃん。最近ウェブ版の当ブログのタイトルにオコジョの絵を描いて見たけど、どうかしら(^ω^)



・フラ イベント ワンコインWS

横浜大桟橋で行われた「カフラホア」に行ってきました。入場無料でハワイ・イベントでよく行きます。ハワイのクムによるワンコインWSはこのイベントの名物のいうか、目玉ですね。

無料及びあまり費用がかかってないWSで非常に素晴らしい話、教えに出会えることって、ままあるのです。このWSもしかりでした。

WSで曲を習う前にクカクカセッション。

クムになんでも聞いてみようコーナー。

この日のクムはホク・ニヒパリ先生とおっしゃる方でした。やはりフラのクムであることもあるが、わざわざ日本という国と人に興味を持って来てくれるだけあって、大変暖かく丁寧に一般の参加者の私達の問いに答えて下さった。ハワイのクムはそれぞれで、誰もがこういった対応をしてくれるわけではないという事は去年のハワイ旅行で経験済みである。

それでいいんだよ。

多様性は大事。

そしてとてもいい話を聞けた。

この事は別にページ割って書きたいな〜_φ(^_^


しかしてジャズダンスはワンコインWSに出た為、時間が間に合わなくてお休みとなりました。


・バレエ

いつものスタジオで、代講の先生によるレッスン。

こじんまりとしたスタジオで少人数。

前にも書いたけど鏡との距離が近いので、等身大の自分が分かっちゃうスタジオ。

こういうのは忘れてたけど、有り難いんだなあと再認識した。この日の代講の先生も超気合いを入れて姿勢を直してくれるし。。。

バーでも結構体ブレてるのが良く分かる。

古巣に帰るって大事ねぇ。

そんな2週間の締めくくりレッスンでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。