生きて行く舞踊家達の群れ

大人になってから始めるダンス生活
生活にダンスが取り入れられている人は全て舞踊家と呼んでいいよね☆彡

ロゴ入りアイテムの是非

前回ポアントについてブログに書いたら、その反動でポアント・レッスンを受けたい熱が再炎上してしまった。

週末土曜日は朝からポアントを棚をひっくり返して出してきて履いてみる。

そうそう、ポアントの最初のレッスンは親指が痛くなってしまって途中、何回か

「先生、すいません。ちょっとギブ」

とか言って休ませて貰ったりしたけど、小指側に詰め物をしたら痛くないって分かったし。。。

ポアント立ちを保ちつつパドブレなんかしてみる。なんか入門クラスの時にバレエシューズでポイントでパドブレをやった時を思い出す。すんごい、それだけで気分がアゲアゲになっちゃうんだって!!

ポアントでやったらさぞかし!!

あの広い稽古場の端から端まで!!


そんな妄想をしつつ掴まり立ちをしつつチョイ手を時折離し、バランス〜♪( ´θ`)ノ


といわけで思い余って私でも出れそうなポアントレッスンを探しちゃった。

近々そこに行っちゃうかもしれない。。。な週末。


土曜日のレッスン

・フラ

とうとうハワイアンホスピタリティの振りを最後までやりました。

曲の意味としては旅人としてハワイに来て、綺麗なムスメさんに歓迎してもらって、鼻の下伸ばして、デートなんかしちゃうんだけど、旅人だから帰らなきゃ行けなくって、でも、また来るから、その時は祝杯をあげようねみたいな曲です。

祝杯を上げようの所は思いっきり酒瓶をラッパ飲みするような振り付けでした。ユーチューブで他のハラウさんのも見たけど、ラッパ飲みしてるところは結構多かったので、そういう曲なんですねぇ。楽しい曲のようです。


・バレエ

先週に引き続きアンデダン ピルエット。

午前中ポアントで遊んでいたせいで比較的バランスが取りやすい。ポアントレッスンって、こういう効果もあるらしいんですわ。

ピルエットのコツは首をちゃんと付けること。でもこれが出来ないんだな。課題。


日曜日のでレッスン

・ベリー

相変わらず腰は動かないんですね〜~_~;

やっぱり上半身にの使い方が匠じゃないとベリーはいかんのよ。深部筋が弱いのかも。。。

そんな事を思いつつベーシックをやりながらピョン吉を思い出すと。ピョン吉って、まだ通じるかなぁ。どうだろう?


・ジャズダンス

先週のドラマチックな寝技からの起き上がる振付から更に、何かにすがるように両腕をひろげるが失意のうちに床を叩く。。。、かのような振り。

ドラマは続いているようですよ〜。(((o(*゚▽゚*)o)))ワクワク♪


話は変わるのだけど、最近思うのは、やはり自分の感性にあって、そして相性も合うタイプの先生に継続して習えるということは非常に稀で有り難い事なのだということです。

この間のフラでとあるスタジオを止めちゃった一件なんだけど、実は習っている内に自分のやりたい方向性とそのハラウの方向性はどうやら違うって分かって来てて、ジレンマを抱えてました。その方向性とは、スタジオの運営のあり方にも感じたし、教えてる曲の振付の解釈にも感じていて、特に後者はそこのハラウの技術力が高い分残念としか言いようがなくて。。。。

試行錯誤の上で探して見つけたハラウなので、とりあえず発表会までは出て、続けようと思ってました。

が、費用がかかり過ぎて不明瞭会計なのと、発表会に出るなら購入は必須といわれたハラウのロゴ入りの18000円もする衣装ケースが決め手になって辞める事にしちゃいました。

ぶっちゃけ、骨を埋める気のないハラウのロゴ入りで、デザインも野暮ったく値も張るようなものは必要ないしなぁと。

ある意味こういったところで自分も、そのスタジオ自体も選別されてくもんだなぁと。思ってもなかった決着だったので感慨深かったかもしれない。

ロゴ入りアイテムって侮れないですね(;^_^A

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。