生きて行く舞踊家達の群れ

大人になってから始めるダンス生活
生活にダンスが取り入れられている人は全て舞踊家と呼んでいいよね☆彡

バレエは武者修行に行く

日曜日のバレエのレッスンを辞めて、火曜日のチョイ難しいレッスンのクラスに行く事にした。

課題は応用力がない事。


以前そこに通っていた時は、全くついてけないのと平日で仕事が残業になったり仕事で疲労していく気力がもてないのでほんの数回行っただけで挫折したのです。その後、自分のレベルにわりと合うバレエスタジオを見つけ、そこの発表会に出たりした今、多少は上手になったかしら、今ならあのクラスに多少は付いていけるかしらと思って出てみたのだ。

そしたら全くダメだった。


なんでシャッセとグランジュテの組み合わせを交互に左右の繰り返すという単純な事が出来ないのかしら(´・_・`)??

応用力が足りないねぇ。

訓練したら良くなるのかしら。。。。


そんなんで久しぶりにそのスタジオの5回チケットを購入して受けると。すると先生がスタスタやってきて「アナタ久しぶりねぇ」というでなし、姿勢をグイグイ直しに来てくれる。

チケット制のところでは、こういう事が良くある。

なんとなく先生は私の事を覚えている。そして来るなら面倒見てあげるよというサインを何となくくれたりします。私の教え子に加えましたからねっていう感じに。

相性が割とあって少し気に入ってくれたらしい。(o^^o)

こういうサインをくれるところは通いやすい。

逆に貰えないところは、その時は気付いてないだけで、その先生の持っている方向性・志向性が自分の求めているものとも食い違っている事が少なくない。

とは言うものの、バレエの先生方は余程その修行が過酷な事もあるのか、度量の大きい大物な風格を持つ人が多い。色々な人に目を配り、チョイチョイ直してくれている。レッスンの結果は相変わらず玉砕状態だが、これだったら大丈夫だと思い次の週にもノコノコ出席する。


このクラスはシンプルだけど引き上げ力を重視したジワジワ筋肉な効くトレーニングを兼ねたレッスンメニューが多い。この日はアントルラッセを飛ばずにその場でプリエ、ルルベアップにて軸足を変えずに続けて8回と指定される。なんかイタリアンフィッテに似てないか?と思ってユーチューブで調べたらポールドブラこそ違うが、まさしく!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

私、神技を連発する化け物(バレエリーナ)の仲間入り?!

と盛り上がるが、なんて事はない。

8回やった内の半分以上、姿勢はボロボロだし足も上がんないし。


千里の道も一歩から。


挑戦させて貰えるって嬉しいね。

私の少女時代は心臓に不正脈が出てしまったいたため、プールだとか運動を禁止されていたせいもあって、今、健康で色々挑戦出来るのが嬉しくってしょうがない。


この日もやはり先生は色んな生徒に寄って行ってあれこれ直してくれていた。私はルルベの足の向きをチョイチョイと。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。